KINS ロゴ

KINS SKIN TEST

あなたの菌のバランスは
最高です。

あなたの菌のバランスは
良好です

あなたの菌のバランスは
平均的です。

あなたの菌のバランスは
控えめです。

A+

A

B

C

あなたの肌の総菌数

0

A+

総菌数

C

表皮ブドウ球菌

C

アクネ菌

B

コリネバクテリウム

ロゴ

肌にバリアを作り出す「美肌菌」
表皮ブドウ球菌

人物画像

A+

素晴らしい結果です。この調子で頑張ってください!

メッセージ
人物画像

A

いい調子です。この調子で頑張ってください!

メッセージ
人物画像

B

少し割合が低いです。もっと増やす方法があるかもしれません!

メッセージ
人物画像

C

割合が低めです。お肌のトラブルはありませんか?

メッセージ

あなたの
表皮ブドウ球菌の割合

0%

あなた

平均

5

10

20

0

30~(%)

悪い

良い

A+

A

B

C

SKIN TESTを受けた1000人の分布

1000

A+

0%

A

0%

B

0%

C

0%

KINSからのアドバイス

非常に良い菌バランスです!表皮ブドウ球菌はその名の通り、皮膚の表面に住んでいます。
そのため、日々の洗顔やスキンケアの相性が悪いとすぐに流れてしまうんです。
元どおりのバランスになるのも少し時間がかかってしまいます。
もしよろしければ、LINEにて日々のスキンケアについて教えて下さい!
何か、世界中の女性が幸せになるためのカギが隠されているかもしれません。

かなり良いバランスです!表皮ブドウ球菌がしっかりと生息しているということは、日々のスキンケアがうまくいっている証拠ですよ。
もし完璧を目指すのであれば「EC-12」という乳酸菌を試してみてはいかがでしょうか?
近年、フェイシャルマスクをはじめとしたスキンケア用品に含まれている乳酸菌で、表皮ブドウ球菌を増やす手助けをしてくれる表皮の菌ケアにぴったりの乳酸菌なんです。

全体の菌数と比べると、少しだけ数が少ない状態です。乾燥肌や肌荒れのお悩みはありませんか?
もし当てはまるのであれば表皮ブドウ球菌の数が少ないことが、原因の一つにあるかもしれません。
表皮ブドウ球菌はその名の通り、皮膚の表面に住んでいます。
そのため、日々の洗顔やスキンケアの相性が悪いとすぐに流れてしまうんです。
例えば「洗顔は朝か晩の1回だけにする」「過剰な防腐剤(=殺菌作用)の入ったスキンケア用品をやめる」などを肌に負担の少ないケア方法を試してみてはいかがでしょうか?

表皮ブドウ球菌の割合は少なめでした。表皮ブドウ球菌が少ないと肌の悪玉菌が増殖しやすい状況となり、肌荒れなどのトラブルが起きやすい環境になってしまいます。
また、もし「パラベン」という防腐剤の入った化粧品またはスキンケア用品を利用している場合、表皮ブドウ球菌の数を減らしてしまっている可能性が考えられます(ボディソープ、洗顔料などによく使われています!)。

表皮ブドウ球菌とは?

表皮ブドウ球菌は汗や皮脂をエサとして、お肌に嬉しい成分を作り出してくれます。
例えば、肌荒れの原因となるような菌の増殖を抑えてくれる天然の抗生物質「抗菌ペプチド」や、皮膚のバリア機能を担う「グリセリン」など、さまざま。

ロゴ

みずみずしい肌を生む「潤い菌」
アクネ菌

人物画像

A+

素晴らしい結果です。この調子で頑張ってください!

メッセージ
人物画像

A

いい調子です。この調子で頑張ってください!

メッセージ
人物画像

B

少し割合が低いです。もっと増やす方法があるかもしれません!

メッセージ
人物画像

C

割合が低めです。お肌のトラブルはありませんか?

メッセージ

あなたの
アクネ菌の割合

0%

あなた

平均

25

50

75

0

100(%)

悪い

良い

A+

A

B

C

SKIN TESTを受けた1000人の分布

1000

A+

0%

A

0%

B

0%

C

0%

KINSからのアドバイス

非常に良い菌バランスです!アクネ菌は10~20代の頃はニキビの原因として嫌われている菌ですが、30代になる頃から一気に数を減らしてしまう菌です。
少なすぎると乾燥肌に、多すぎるとテカリの原因になってしまうため調整の難しい菌ですが、お見事です!

かなり良い菌バランスです!アクネ菌は食生活との関わりが深い菌なので、このままコンシェルジュ機能に沿って食生活を改善していけば、非常に良い調子となるかと思いますよ!
ただ、どうしても肌の潤いについてお悩みがあれば、別のアプローチを試してみたいと思いますので、LINEにてご連絡ください。

全体の菌数と比べると、少しだけ数が少ない状態です。アクネ菌は食生活との関わりが非常に深いので、まずは食生活を見直すことがオススメです。
菌が多すぎる場合は油分を減らした食生活を、もし菌が少ない方は「腸内細菌のバランスを整える食事」をトータル的に実践しましょう。

アクネ菌の割合は少なめでした。アクネ菌は潤いを作り出す菌であるため、生息数が少ないと乾燥肌になりやすい状態となります。
もし外部要因(たとえば、洗顔後に検査を行ってしまった。など)がなければ、早めに本格的な菌ケアを試していただくのが良いかと思います。

アクネ菌とは?

アクネ菌は潤いと密接な関わりがある菌です。10代の頃は誰の表皮にもたくさんいる菌ですが、年齢を重ねるごとにその数は減っていき、菌が少なくなりすぎると乾燥肌を起こします。
他にも表皮を弱酸性に保ち、有害な菌がお肌に住み着くことを防ぐ役割があります。

ロゴ

肌荒れ注意のサイン「炎症菌」
コリネバクテリウム

人物画像

A+

素晴らしい結果です。この調子で頑張ってください!

メッセージ
人物画像

A

いい調子です。この調子で頑張ってください!

メッセージ
人物画像

B

少し割合が高めです。もっと減らせる方法があるかもしれません!

メッセージ
人物画像

C

割合が高めです。お肌のトラブルはありませんか?

メッセージ

あなたの
コリネバクテリウムの割合

0%

あなた

平均

1

3

10

0

20~(%)

良い

悪い

A+

A

B

C

SKIN TESTを受けた1000人の分布

1000

A+

0%

A

0%

B

0%

C

0%

KINSからのアドバイス

非常に良い菌バランスです!コリネバクテリウムが少ないということは、今は肌荒れが少ない状況かと思います。
この調子で「表皮ブドウ球菌」を増やすような生活スタイルを整え、もっとトラブルに強い肌を手に入れましょう!

かなり良い菌バランスです!しかし、少しだけコリネバクテリウムが生息しているようですね。現在、お肌のトラブルをお持ちですか?
腸内環境の悪化によって、肌荒れが発生することがあります。食生活の乱れにはご注意ください!

全体の菌数と比べると、少しだけ数が多い状態です。肌荒れの原因は様々ですが、一例として「皮脂の作りすぎ」があります。
この場合、腸内細菌を整えることで症状が小さくなったとする論文がありますので、まずは食生活を整えることからためすのがオススメです。

かなりコリネバクテリウムが多い状態です。現在、肌荒れはありますでしょうか?
もしなければ、肌荒れが起きやすい状態となっているかもしれません。
また、顔に限らず体のどこかに肌荒れが起きている場合も、コリネバクテリウムが増えやすい状態になる場合があります。

コリネバクテリウムとは?

コリネバクテリウムはヒトの体で普通に見られる菌ですが、肌荒れを起こしている方によく見られます。毒素を含む成分を作り出すことが知られており、あまり歓迎できない存在です。
菌全体のバランスが崩れ、コリネバクテリウムの数が増えすぎてしまうと肌荒れの原因になることがあります。

KINS ロゴ

KINSからの
総合的なアドバイス

総菌数がA+のあなたは、お顔で肌にいい成分がたくさん作られています。
菌数は多ければ多いほど、美肌の方が多い傾向にあります!

総菌数がAのあなたは、お顔で肌にいい成分がかなり作られています。
ですが、A+の方の中には10万個以上の菌をお持ちの方も! まだまだ上を目指せます。

総菌数がBのあなたは普通の菌数です。15,000個を超えると、いわゆる「美肌」の方の仲間入りです。
もう少しだけ、菌ケアを頑張ってみませんか?

総菌数がCのあなたは、すこし菌が少なめですね。
菌が少ない状態のお肌は変化に弱く、トラブルを起こしやすい傾向がありますので、要注意です!

全体的に菌のバランスが非常に良いあなたは、上位5%の方にしか見られない素晴らしい肌コンディションです。このまま今の状態をキープしていきましょう!
日々のスキンケアにも秘密があるのでしょうか?もしよろしければ、SNSシェアで、普段のスキンケアをみんなに共有しませんか?きっとみんなの役に立つはずです。

基本的に良好かとは思いますが、もしお肌のコンディションで気になる点があればLINEにてご連絡ください。よりきめ細かなケアを行えば、もっと良い状態を目指せるかもしれません。
特にお肌の悩みがなければ、次のステップとして口腔内フローラや頭皮のフローラのケアにチャレンジしてみるのもオススメです!

菌バランスがA+のあなたには、一歩進んだ菌ケアをご紹介します。

1: 洗顔料を「自然由来成分」にする

腸内細菌だけでなく、全身のキンケアにもチャレンジしてみませんか?「ラウリル硫酸」など、石油由来の界面活性剤は菌に対して悪影響を与えてしまいます。
また、添加物の影響も見過ごせません。洗顔料は自然由来のものをオススメします。

2: お風呂のあと、髪をきちんと乾かす

頭皮のケアも重要です。頭皮に悪玉菌が増殖すると、かゆみや臭いの原因となってしまいます。
簡単で効果的なキンケアは「髪をしっかり乾かす」こと。湿気があるところでは、悪玉菌はすぐに増殖してしまいます。

3: 3ヶ月に一度、歯医者さんに行く

口の中の菌ケアは腸内細菌に大きな影響を与えます。私たちは1日に約100億個の菌を飲み込んでおり、ここに悪玉菌が多く含まれていると腸内細菌のバランスも悪くなります。目安として、3ヶ月に1回程度は歯医者さんに行き、お口のケアを行いましょう!
また、毎日3回の歯磨きを行うことにより、カビが腸内で繁殖することを防ぐことができます。

LINEでもっと詳しく相談する
KINS ロゴ

KINSからの
総合的なアドバイス

総菌数がA+のあなたは、お顔で肌にいい成分がたくさん作られています。
菌数は多ければ多いほど、美肌の方が多い傾向にあります!

総菌数がAのあなたは、お顔で肌にいい成分がかなり作られています。
ですが、A+の方の中には10万個以上の菌をお持ちの方も! まだまだ上を目指せます。

総菌数がBのあなたは普通の菌数です。15,000個を超えると、いわゆる「美肌」の方の仲間入りです。
もう少しだけ、菌ケアを頑張ってみませんか?

総菌数がCのあなたは、すこし菌が少なめですね。
菌が少ない状態のお肌は変化に弱く、トラブルを起こしやすい傾向がありますので、要注意です!

かなり良好な菌の状態を保っています。お肌の調子はいかがですか?
もし気になるところがあれば、よりきめ細やかなケアでもっと良い状態を目指せるかもしれません。
私たちは総合評価が上位のみなさまに、普段のスキンケアについて情報をいただいています。LINEにてお伝えしますので、気になっていることを教えてください。

体調を崩した時や季節の変わり目など、お肌に負担がかかるタイミングでトラブルが起きやすいかもしれません。
バランス自体は良好なので、この調子で「菌の数」を増やすようなケアに取り組んでみませんか?菌の数は、よりきめ細かな菌ケアや、菌に優しいスキンケアで増やすことが可能です。

菌バランスがAのあなたにオススメな菌ケアです。いろんな成分を摂っていきましょう。

1: 水溶性食物繊維をとる

食物繊維には水溶性と不溶性の二種類があり、水溶性の食物繊維は善玉菌のエサとなります。根菜類やネバネバした野菜、それから海藻に多く含まれています。
KINSのオススメはごぼう。

2: ポリフェノールを積極的にとる

また、ポリフェノールにも腸内フローラを整える効果があるんです。フルーツから摂取するほか、日々のコーヒーや緑茶を紅茶に変更するのもオススメです。

3: 日々の「油」の種類を変えてみる

「オメガ3脂肪酸」を含む食品も腸内細菌によい影響を与えます。これは亜麻仁油やえごま油などが当てはまります。
また、青魚にも豊富に含まれていますよ!

LINEでもっと詳しく相談する
KINS ロゴ

KINSからの
総合的なアドバイス

総菌数がA+のあなたは、お顔で肌にいい成分がたくさん作られています。
菌数は多ければ多いほど、美肌の方が多い傾向にあります!

総菌数がAのあなたは、お顔で肌にいい成分がかなり作られています。
ですが、A+の方の中には10万個以上の菌をお持ちの方も! まだまだ上を目指せます。

総菌数がBのあなたは普通の菌数です。15,000個を超えると、いわゆる「美肌」の方の仲間入りです。
もう少しだけ、菌ケアを頑張ってみませんか?

総菌数がCのあなたは、すこし菌が少なめですね。
菌が少ない状態のお肌は変化に弱く、トラブルを起こしやすい傾向がありますので、要注意です!

まだまだ上を目指せる菌バランスです。スキンケアはもちろんですが、日々のライフスタイルの見直しも効果的ですね。
腸の菌バランスが変わると、お肌の菌バランスも合わせて変化します。お肌のケアと合わせて腸内環境にも目を向けてみませんか?LINEにてご相談いただければ、より詳しい菌ケアをご案内できますので、是非ともご活用くださいね!

まずは食生活を見直すことが手軽に始めやすいです。毎日の食事に少しずつ菌を取り入れてみましょう。具体的な食生活はこのあとご紹介しますね。
ちょっとした外食で「肉と魚があったら魚を選ぶ」ことや「毎日のお菓子の数を減らす」など、日々の積み重ねでヘルシーな菌バランスを取り戻しましょう!

改善ポイントをご案内します。菌バランスがBのあなたは、まずは食事でこんなことに取り組んでみてください。

1:発酵食品を毎日食べる

発酵食品をとるのもオススメです。発酵食品に含まれる菌はお腹にとって良い影響を与えるものが多いので、積極的に取り入れてみてください。
KINSのオススメはぬか漬け。

2:「茶色の主食」をとる

小麦やお米を食べるときは「全粒粉」や「玄米」など、「茶色」の食品を食べたほうが菌に優しいです。これらは真っ白な食品に比べて「食物繊維」が豊富に含まれています。
食物繊維は腸内でとても良い働きをしてくれる栄養なので、積極的にとっていきたいところ。

3:肉より魚を食べる

魚に含まれる「オメガ3脂肪酸」には腸内フローラを整える働きがあります。普段お肉を良く食べる方は、魚を意識的に食べてみる。これだけでも立派な菌ケアです!

LINEでもっと詳しく相談する
KINS ロゴ

KINSからの
総合的なアドバイス

総菌数がA+のあなたは、お顔で肌にいい成分がたくさん作られています。
菌数は多ければ多いほど、美肌の方が多い傾向にあります!

総菌数がAのあなたは、お顔で肌にいい成分がかなり作られています。
ですが、A+の方の中には10万個以上の菌をお持ちの方も! まだまだ上を目指せます。

総菌数がBのあなたは普通の菌数です。15,000個を超えると、いわゆる「美肌」の方の仲間入りです。
もう少しだけ、菌ケアを頑張ってみませんか?

総菌数がCのあなたは、すこし菌が少なめですね。
菌が少ない状態のお肌は変化に弱く、トラブルを起こしやすい傾向がありますので、要注意です!

お肌の菌バランスが崩れており、ピンチです!スキンケアの前に、まずライフスタイルの見直しを行ってください!
まずは食生活を整えるのがオススメです。食事は肌の調子に大きく影響を与えますし、腸の調子が整うと表皮の菌にもいい影響があります。

お肌の菌バランスが悪いと、ちょっとした刺激で肌トラブルが起きてしまいます。乾燥、花粉、気温の変化、体調…もしその度にお肌の調子が崩れていたら、菌のバランスが原因かもしれません。

改善ポイントをご案内します。菌バランスがCのあなたには、こんな食事で菌ケアを行うことがオススメです。

1: 発酵食品を毎日食べる

発酵食品をとるのもオススメです。発酵食品に含まれる菌はお腹にとって良い影響を与えるものが多いので、積極的に取り入れてみてください。
KINSのオススメはぬか漬け。

2: 毎日少しのフルーツを

フルーツに含まれる「ポリフェノール」や「水溶性食物繊維」、それから「オリゴ糖」は腸内細菌を育てる効果があります。そのため、毎日ほんの少しでも良いので、確実に摂ってみてください。

3: 化粧品のチェックをする

もしかして「パラベン」を含む化粧品を使用していますか?パラベンは防腐剤の一つですが、表皮ブドウ球菌を減らす効果がありますので、できれば避けたいところです。

LINEでもっと詳しく相談する

皮膚の菌のバランスを

保つための3つのポイント

01

食生活に注意する

肌の状態と腸の状態は密接な関わりがあります。もちろん外側のケアも重要ですが、菌をケアするのであれば内側のケアが効果的です。
腸内細菌をケアするような食事を心がけることにより、健康なお肌をキープすることができますよ。

02

適度な運動を行う

私たちの皮膚に住む善玉菌の多くは、皮脂をエサとしています。そのため、菌の数を増やしたければ適度に汗をかくのが有効です。
代謝をあげて汗をかくために、適度な運動の習慣をつけませんか?

03

スキンケア用品を見直す

スキンケア用品は今や星の数ほどあり、その成分もさまざま。中には菌に対して優しくない成分のものもあります。過剰な防腐剤、界面活性剤を避け、自然由来のオイルなどに切り替えることがオススメです。

GO TO BRAND SITE